自分の写真
暮らしのそばにある花鳥風月を楽しむ毎日。めぐる季節、出会った自然、草花や木々を暦とともに紹介します。

2018年8月10日金曜日

暦とともに#211 立秋

暑い日が続いていますが、立秋の日は台風の影響があって嘘のように涼しく、
関東は9月の下旬くらいの気温になりました。
あら、暦ってすごい!!なんて思っていましたが・・・・
まだ8月も初旬ですから、当たり前のように暑さが戻ってきました。

立春同様に立秋も、二十四節気のなかではやたらとずれた感がある節気です。
春は2月の最初で、これからが一番寒い時なのにと思い、
秋は8月の最初で、これからしばらくが一番暑くて夏らしい時なのにと思います。
が、どちらも次の季節が待ち遠しくなる頃でもあり、
寒さにも暑さにもほとほと嫌気がさしてきている頃でもあるので、
ああ春か。ああ秋が・・・なんて言葉を聞き、字を見てで少しほっとする、
期待の気持ちも持てて「もう少し、頑張ろう〜〜!」なんて思えてきて、
この時期にこの節気があるのに妙に納得するのです。

仕事も秋の準備が始まっています。
9月末には銀座松屋さんで松野屋さんの器を使ったワークショップを
やらせていただくのが決まりました。詳細は後日また。
イメージの写真が必要で、愛知から山採りのものを送ってもらって生けました。







3年前にご紹介いただき名古屋まで会いに伺って、始まった野山の花を生けること。
水野さんにはその時々で用途を伝えてお願いするのですが、
この暑いさなかでも、秋のイメージなるような花材が送られてきました。
いや〜〜〜、さすがというか、もう惚れ惚れです。
生けたとたんに、そこの空間に秋風が吹いているような景色になりました。
立秋の頃にぴったりな野山の花。
これからも生けて行きたい、自然と暮らしに寄り添って佇まいとなる花を。
生けながら、楽しくて、そんなことを思った立秋の日でした。

2018年7月24日火曜日

暦とともに#210 大暑

大暑!!の通りの暑さ、いやそれ以上の暑さです。
地球規模で高温なようで、どうなってしまうのだろう?
と思いながら、まだ7月末というのにもうヘトヘトです。

先週は熱中症になってしまいましたが、
回復した週末は、三島へ出かけてきました。
著書「花の教室」の編集を担当してくださった旧知の仕事仲間と
彼女の二人のお子さんに会いに行ったのですが、
ちょうどクレマチスの丘で「星野道夫」「藤田嗣治」の展示をやっていたので、
暑い中でしたがご家族と一緒に楽しんできました。


IZU PHOTO MUSEUM

ビュフェ美術館

駿河平自然公園



クレマチスの丘は駿河平自然公園と隣接していて、
自然と文化が共存する大きな自然園となっているような場所です。
星野道夫展は巡回展で、2度目の鑑賞になりますが、何度観てもオーケーです。
星野の写真、文章は何回観ても、読んでも、新しい気持ちを感じる事ができます。
藤田嗣治の方は、本の仕事にフューチャーされた展示で、
たくさんの本の装丁やらイラストを描いてたのを知る事ができました。
そしてどの作品もど直球で、ワクワクの内容でしたよ!
病み上がりでしたし、ちょっと疲れましたが、
観たかった展示を二つ観れて、会いたかった人たちにも会えて、
自然公園で緑も楽しめたし良い週末でした。



摘んできたように

緑のみが残るのですが、これも良し


家でも暑さに負けずにちょこちょこ花を生けています。
残った緑や、植え込みの花を剪定しつつ・・・暮らしの花は暮らしの一部。
酷暑、長い夏になりそうですが、植物と一緒に元気に頑張ります!!






2018年7月13日金曜日

暦とともに#209 小暑

7月に入り小暑を迎えましたが・・・・
早々に梅雨明けし、梅雨の戻りとか言いながらも真夏日が続く東京です。
小暑って??!!
こんなんじゃ大暑はどうなるの?と、すでにバテ気味の方が多いのでは?
私もそんな一人です。
そして仕事の方は冬に向かい、冬のリース制作をスタートしています。
あまりの暑さになかなかギアが上がらないなか、
まあここはぼちぼちと気になる展覧会に出かけてきました。

ひとつはエルメスのシネマの世界へ「彼女と。」です。
完全予約制の展示は”アクトレス”と”エキストラ”のどちらかを選びます。
アクトレスは1回に1人で、すぐに埋まっていましたが、
さすがにアクトレスの勇気もないし、エキストラで。
でも、いったいどんなだろう??と謎のまま展示会場に向かいましたよ。


シアターのような入り口!おされ〜〜

ムービーのセットができています。素敵!

憧れの真っ赤なMGは「彼女」の車。かっこええ!


作家が彼女を探して、たどり着くのは・・・・現実なのか?夢なのか?
みたいな話のセットがあり、その撮影風景に入り込めるような展示でした。
話は??としても(笑)、エルメスの夢の世界に入り込んで、
暑さの現実逃避にぴったりな時間でした。
しかし、無料!のエルメスの太っ腹に感服です!


そして、次は虎ノ門。
菊池寛次記念 智美術館へ「線の造形、線の空間」、竹の展示を堪能してきました。
”飯塚琅玕斎と田辺竹雲斎でめぐる竹工芸”
お茶の歴史とともに大切なものであったのだろう花籠の数々。
竹工芸としての歴史の中で生まれる
それはそれは見事なもので、人の手で作られる芸術に見入ってしまいました。


エントランスには篠田桃紅さんの作品も

階段ホールに竹のインスタレーション、壮大!


そして、家では夏らしく竹のカゴに花を生けました。
こちらは暮らしのカゴです。


緑道に植えている紫陽花を早めに強剪定したので
最後の残っている花をこのあと生けます

大分の竹作家、清水貴之さんの手提げかごです

竹のものはカゴ以外にも生活の中に結構あります。
ざる、箸、鬼おろし、箒、せいろや巻きすもかな?
青竹踏みももってます!笑
日本の誇れる竹工芸は、日本の暮らしに欠かせない生活道具でもありますね。
アートと暮らしと、同じ線の上にあるのかな。
ハレとケと、同じように。
そんなことを勝手に思って暮らしています。




2018年6月24日日曜日

暦とともに#208 夏至

6月21日に夏至を迎えました。
日毎長くなっていく夕方にそろそろ夏至だもんなぁと思いながら・・・
その前を過ごして、いざ夏至の日は・・・
室内にいたので、19:30頃の帰り道「あら結構明るい」
「そうだ今日は夏至だった」と気がつきました。
そのあと見たSNSにはすごく美しい夕方の空がたくさんUPされていて、
見れなかったな〜〜と、ちょっぴり残念な気持ちに。
しばらくはまだまだ日長を感じる時季ですが、次の日から日が短くなって
夏の折り返しということになります。
梅雨も真っ只中で、そのあとに夏が来るというのが実感のところで
私にとってちょっと不思議なセンチメンタルがやってくる節気です。

その夏至の頃、野山の花の会:水無月を開きました。
瑞々しく、潤いたっぷり、そして爽やかに、私もいくつか生けました。







最後のは、6月の最初の花あわせレッスンの時の花がいくつか残っていて
切り戻し、水を変え、小さくなっても楽しんでいます。
すべての花が同じように保つわけではありませんから、愛おしんで、
整理しながら、少しでも長く楽しんでもらいたいなと思っています。
参考にしてみてくださいね!

6月18日の関西地方に大きな地震がありました。
私の生まれ故郷である地方は、山と海が近くておおらかな景色の場所です。
おてんばで、毎日外で遊んで過ごしていたように思います。
自分の生ける花の素は、そこで育った日々の心象風景にもあるように思います。
被災された皆様方に一日も早く平穏な日が戻りますことを祈っています。





2018年6月7日木曜日

暦とともに#207 芒種

関東地方も入梅を迎えました。
芒種は穀物の種まき、麦の刈入れ、稲の植え付けに適した時期と。
そんな頃に梅雨を迎えるのですから、まさに恵の雨なんだな、と思います。

入梅前の6月の最初の週末に奈良を旅してきました。
奈良といえば、あおによし。
あおによしは奈良の枕詞ということで、とにかくセットで浮かんできますが、
勝手に新緑の景色を思い浮かべてしまうのは私だけでしょうか・笑。
2日間とも天候に恵まれ、修学旅行のような旅を楽しんできましたよ。

初日は奈良公園とその周辺をレンタサイクルで回りました。
興福寺、春日大社、森のような道を抜けて新薬師寺、東大寺南大門をくぐり、
大仏殿と大湯屋、二月堂、三月堂、ならまちに出て食事。













二日目はレンタカーで少し離れたところに。
慈光院、春日山原始林ドライブ、円成寺、最後に和菓子で休憩。







私は兵庫の出身で奈良に近いところで育ちましたが、案外行ってないのですね。
それで今回は奈良だけに絞った旅で、寺社仏閣と自然の景色が渾然となった
古都を満喫することにしました。
お宿は憧れの奈良ホテルに泊まり、なんとも大人の修学旅行、パーフェクト!!
いったいいくつの国宝や重要文化財を観たのか。
世界遺産の中をドライブできて、大好きな青葉の景色を楽しめたことも良かった。
改めて観た景色は、大きくてカメラフレームに収まらなくて、
口をあんぐり上を見上げること多く、なんだかスカーッとした気分です。
ほんの少し足を伸ばす新薬師寺、慈光院、円成寺は景観どれも素晴らしく、
国宝もあるのですが、人が少なくて静かで、とても良かったです。
紅葉も美しいでしょうが、私はやっぱり新緑派かも?!なんて思った旅でした。





生けたのは雨の季節の花木、美女柳と生徒さんからいただいた岡虎の尾。
たくさんの新緑を存分に楽しんだので、次は雨の季節を楽しみたいと思います。
しばらくは鬱陶しい毎日ですが、みなさん健やかにお過ごしください。

2018年5月24日木曜日

暦とともに#206 小満

満ち満ちて、小満。
あらゆる生命が天地に満ち始める頃。
木々の緑がどんどんと色濃くなってきました。
みなぎるエナルギーを自然から感じる毎日です。

先だって空いた時間ができたので、行きたかった展覧会を二つ観てきました。
たまたまですが、どちらも布にまつわる展示です。
ひとつは「Khadi インドの明日をつむぐ」21_21にて。
もうひとつは「柚木沙弥郎の染色」日本民藝館にて。
白いインドの手紡ぎ布カディは、どこまでもシンプルで美しく、
シンプルの向こうにある深い深い物語を伝えてくれます。
柚木さんの型染めは、身辺にある生命の輝きを模様にし美しい色に染めらていて、
自然の景色を思い起こさせててくれます。
手仕事、工芸というものへの表現は違いますが、
私にはあっちとこっちから同じ方向へのベクトルで向かいあっていて、
ひとつのことを教えてくれたように思います。
同時期にこのふたつの展覧会を観れたことは必然なのかもしれませんね。


白にはいろんな白がある

模様、いろんな色


それから、野山の花の会皐月、みなとみらいBUKATSUDO新講座、
カルチャーセンターの教室などとレッスンが続きました。
BUKATSUDOは「季節の花とくらす 入門」というタイトル講座で、
投げ入れを基本から学ぶという教室です。
野山の花の花材を利用して、スライド用に生けてみました。
ポピュラーなガラス器に基本のラウンドスタイルでまず生けて、
ぐるっと360℃写真を撮り、放射状に立体で生けることを見てもらうことに。
そのあと、ブロンズの器、かごと移し替えて、
器で花の表情が変わる、景色も変わる、そんなことも撮ってみました。


まずはガラスの花器

ブロンズのトロフィー型に移しました

次はかごに移して



生け変えたのではなくて、移し替えただけなのですが、
器の質感や形状などでイメージが変わります。
なかなか面白い資料になったので、重宝しそうです。
何事もやっぱり「基本が大事!」花を通して学んだ事。
これからも花を通して、皆さんにお伝えしていきたいと思います。

2018年5月6日日曜日

暦とともに#205 立夏

今年のゴールデンウイークはお天気に恵まれました。
気温が上がってもまだ湿度が少ないので、本当に気持ちよく爽やか。
目に青葉 山ほととぎす 初鰹
と口ずさんでしまうほど、緑が綺麗な毎日でした。
と言っても、どこか遠くに出かけて自然を満喫したわけでもなく、
できるだけ空いてそうな近場で、友人とまったり遊んだり、
一人で映画を観に出かけたりして過ごしました。
それでも十分に緑を感じる事ができて、大型連休の都会の静かなところは、
なかなか穴場でお正月の長閑さに通じるものがあるな〜と、味しめました。

1、近代美術館(葉山館)&山口蓬春記念館など (女子二人遠足)
近美ではブルーノムナーリ展を観て、蓬春館ではアトリエに座り緑にくつろぎ、
友人と美味しいご飯、お茶タイムでまったり。







2、ホテルニューオータニ&弁慶堀ボート (女子2人遠足)
ニューオータニはマリーローランサン美術館をくるりと廻り、日本庭園でくつろぎ、
弁慶堀でボートに挑戦!この歳でこの場所で、まさかボートを漕ぐとは!!
でも、すごく気持ちよくて楽しかった!そして、またお茶してまったり。







 3、観た映画のラインナップ (おひとりさま鑑賞)








そして、端午の節句のしつらえ
立夏も迎えたので、夏の履物を日干しして夏支度なども。
夜は菖蒲湯に入り、もちろん”ちもと”の柏餅を食べて、
いつもやる事をやると、なんだか「これで大丈夫!」という気持ちになり、一安心。


この夏もみんな元気で無病息災!


以前はお休みが続いて、時間があると若干の焦りがあったような(自営業の性?)
でも年齢のせいでしょうか?ま、いっか!と少し思えるようになりました。
遊びすぎたような気もしますが楽しかったし、逆に社会復帰ができるのか?笑
そんなことを考えながら・・・
さあ、明日からはまた頑張って参りましょう〜〜〜!