自分の写真
暮らしのそばにある花鳥風月を楽しむ毎日。めぐる季節、出会った自然、草花や木々を暦とともに紹介します。

2020年6月25日木曜日

暦とともに#246 夏至

ずいぶんと日脚が伸びたな〜〜と感じていたら、夏至を迎えました。
暦では夏の真ん中にあたり、実際は夏至の翌日からは少しずつ日は短くなります。
でもまだしばらくは、日が長いのを感じることが出来ますね。
独特の陰影を感じて、キュンとした心持ちになる夏の長い夕方を楽しみたいです。

そんな夏至の日に、久々に鎌倉に友達に会いに行きました。
ちょうどファブリックキャンプで以前から気になっていた蝋燭の展示が
スタートする日だったので、寄ることに。
そして「植物の神さん」蝋燭を我が家の神さまにと、頂いてきました。


ワンコ3頭も神さん

馬も鳥も神さん

木彫の青い人も神さん

布の人形も神さん

祝亀も

祝鶴も


私は自分を無宗教者と思っていますが、
八百万の神を信じている(と思っている)し、
恥ずかしながらの、苦しい時の神頼みの人です。
寺社仏閣、教会など、お参りにも、手をあわせにもよく行きます。
何かあると(ない時も)氏神さまへ参ります。
心の中でしょっちゅう「神さま!」と言ったりしています。
今回の「植物の神さん」の他に、家の中に自分の神さまがあちこちで、
私を見守ってくださっています。
(この他、お札やらもいくつかあります)。

いつも何かしらの植物を生け、それらにも守られている気がしています。
色々な神さまと植物で、住まいは美しい「気」に包まれていて、
私にとってある意味シェルターのような中にいる感じでしょうか。
神羅万象、あらゆるものに神は宿る。
そんなことを、植物の神さんに手を合わせながら思った夏至の夜でした。






2020年6月8日月曜日

暦とともに#245 芒種

芒のある植物を植える時期、芒種。
代表は「稲」、お米ですね。
雨のめぐみを頂いて育っていくように、梅雨の前に田植えを済ます。
昔の人は理にかなった暮らしをしていたんだなと、
自然と暮らすことの大切さや、そこから生まれる人の叡智のようなものを
二十四節気から感じ、こんな時だからか、より納得する次第です。

そんな芒の植物、ドライフラワーやプリザーブドフラワーでも
最近はたくさん使われています。
自然な感じ、動きも出しやすくて、好んで使っております。
そして、1年以上前に開設したオンラインショップ
時間のある時、仕事のフィールド開拓?もしないと!
で、ようやくInstagramと連携できるようにしました。
Instagramからショップへ移動していただけるようになったので、
早速8個ほどスワッグを作ってアップしました!!


ノルディック風

フェアリー

モダン

こちらもフェアリー


ネーミングも絞り出しました、笑。
気温、湿度も上がってきて、生花の保ちも落ちてくる季節になります。
こんな時はプリザーブドフラワーやドライフラワーも
上手く取り入れてみてはいかがでしょう?!!
芒の植物がお似合いの季節に、夏を爽やかに過ごせるように、作ってみました。
良かったら、これ以外もアップしている、ショップサイトもご覧くださいね。
と、今回は宣伝の巻!!


2020年5月25日月曜日

暦とともに#244 小満

万物の成長する気が長じて天地に満ち始める頃。小満です。
清々しく、緑も美しく、暑さが出てきても湿度はまだ低めで、
一年を通して一番過ごしやすくて楽しい時季ではないでしょうか。
今年はステイホームで、なかなか遠出は出来ませんが、
家の近所の木々や草花の満ち満ちた勢いを感じてます。
散歩程度でも、気持ちよく過ごせる季節で良かったとつくづく思います。
そしてあちこちで、大好きな紫陽花が花芽を付けているのを見つけては喜んで、
次にやってくる梅雨の季節も楽しめると良いな〜〜、なんて考えて過ごしています。


撮影で使った山紫陽花の株は、お隣の植え込みで育ててもらっています

これがその時(16年前!!)の写真です


今は紫陽花も品種豊かで、いろんなタイプを見るようになりましたね。
昔ながらの丸い紫陽花も大好きですが、山紫陽花が大好きです。
16年前にもなってしまいましたが、初めての著書「花とまいにち」の
”まいにちの花”と言う章の扉で持っています。中ページでも生けています。
そして、扉タイトルの下には「暮らしのなかの私のchabana」としています。
お隣の紫陽花を見て、久々に開いて見た自分の本の文章に、
「あー、変わらないんだな〜〜」と自分の基本を見つけたような喜びを持ちました。







数年前に始めたInstagramでも「#くらしの茶花」として
上の写真のような感じで、花の写真をアップしています。
コロナで少し今までと違う生活環境になっている中、色々迷うこともありますが、
生活の中にある、ふとしたきっかけで、何だか腑に落ちることがあって、
ちょっと落ち着いたり、嬉しかったりもあります。
気づきって、良いタイミングであったりするのも不思議なものですね。
「花は野にあるように」をこれからも大切に、生けていければ良いなぁ。
一足早く咲いてきた山紫陽花に、気づかされた5月の終わりでした。

2020年5月10日日曜日

暦とともに#243 立夏

立夏。素敵な言葉ですね。
目にも耳にも、そう五感全部で、キラキラと輝くみどりを感じる事が出来ます。
この時期になると、ちょくちょくと庭の手入れなども含めて、
根のある植物の仕事のお声掛けを頂きます。
やっぱり皆さんも、この植物が輝く季節は、そんな気持ちなるのでしょうね!!


うちの小さなベランダに
小さなワイルドストロベリーが成っています
超可愛い!!

数年前に植えさせて頂いたお客様の庭の
アメリカ花ズオウが見事に成長して、キラキラ

可愛い寄せ植えを、とご依頼頂きました
お客様のご要望、イメージを大事に作らせて頂きます


自分の庭がなくて、猫の額ほどの植え込みと小さなベランダには
自分好みの緑が多い植栽ですが、お客様のところはそれぞれのお宅に似合うよう、
お好みを伺って、環境に合うようにプランニングします。
色々なお庭やコンテナを私が楽しませて頂いている感じ?!!
そして、この時期は「あ〜〜、小さいので良いから庭が欲しい・・・」
と毎年思っているような気がします。笑

母の日も今年は早めに送らせて頂きました。
皆さんのありがとうをお届けできて良かったです。
ありがとうございました!



グラスを使って、草原のように仕上げて、自画自賛!


早くに母の日のお届けをしたので、週末はちょっとのんびりさせて頂きました。
2本連作のドキュメンタリー映画を鑑賞。
パトリシオ・グスマン作のチリの映画です。
壮大な自然を捉えた美しい映像はそれは素晴らしい!
そして全く知らなかった、チリの痛ましい歴史に考える事を突きつけられました。
宇宙、地球、自然、過去から未来、人は水から生まれ星へ還るのか。







うまく何かを伝えるのは難しいですが、この映画を知れて、観れて、良かった。
興味のある方は是非ご覧になってください。




2020年4月24日金曜日

暦とともに#242 穀雨

春雨が百穀を潤す時季、穀雨です。
実際に雨が多いのはこれ以降ですので、種蒔きの好機でもあります。
人の世の中は大変な状況ですが、自然はいつもと変わらず、というか、
いつにも増して、気持ち良さそうに息吹を出しているように思います。
グングンの芽吹く木々の緑や、草花に、どれだけの元気をもらえているか!
私はと言うと、今はほそぼそですが、少しでも植物の側で働けることに感謝です。

5年目になるのでしょうか?
4月は心待ちの野山の花の会がスタートする月です。
しかし、残念ながら今年は花を送らせていただくことでスタートしました。
集うのはお休みといたしましたが、それでも花をと仰ってくださる皆さんに
本当にお礼の言いようがない気持ちです。
そして野山の花の会も、お花をお届けさせていただいた方と
「zoom」オンライン花の会をやることにしました。
こちらも楽しく参加してくださって、結局は私が皆さんに励まされ、
元気を頂いていると実感してます!


愛知の水野さんから無事届いた花を皆さんに

オンラインでは私が皆さんと同じ花を生けます

イメージに合わせて、生け分けるので、
小さい花生けも見てもらいました


水野さんは軽やかに「大丈夫だよ」と花を送ってくださいました。
ヤマトさんが運んでくれて、水揚げして束ねて箱に入れ、
またヤマトさんに託します。
皆さんにちゃんと届いて、生けていただいて、私も生けて、
オンラインでも場を共有出来て、元気をもらって・・・・。
最初は教室が出来ないことにあたふたして、どうしようかと悩みましたが、
今出来る最良を少し見つけてやってみれたこと、
もうこれは、皆さんの手がなくては出来ないことと思います。
ありがとうございます。


16年前に本に書いた文章です


そして、16年前に最初に出版した「花とまいにち」に、
編集者からの提案で書いたエッセイとまでいかない文章のひとつ
「花のこと」を読み返しました。
そう、花は私の「道しるべ」。今も変わらず、花が繋いでくれる色んな人と事を。
悩みは尽きないような、ですが、大変な時期に、皆さんのお気持ちをもらい、
だいぶ開き直って、シンプルに、淡々と「生きよう!」と思ってます。笑

さあ「ステイホーム」で、しっかりと、楽しく(出来るだけね)、
植物と、良い季節を過ごして行きましょう!




2020年4月5日日曜日

暦とともに#241 清明

清明。字のごとく、清く明らかなこと。
なんて綺麗な言葉でしょう。
万物に清新の気がみなぎる時節になりました。
新型コロナウィルスに翻弄されるこの春は、格別に沁み入るように思います。
少し光が見えたように思った春分から2週間・・・
外の景色は時節の通り、自然はキラキラしていますが、
どこか憂いのあるように感じるのは、私の心を反映しているのでしょうか。

俳句から少し遠ざかってしまってますが、少しでも・・・と、
今年は俳句の日めくりカレンダーを毎日めくっています。
4日が清明で、「大気が澄み。清浄の季節です。」と書かれていて、
ひとり頷き、そうなる事を願っております。


花見、が季語で、ちょっと切ない

イワヤツデもモリモリと可愛い

山椒の花も咲いてきてます!!

4月の暦はもちろん桜
緑道の桜の木のところで撮ってみたよ!


3月はなんとか出来た花教室も、悩んで、悩んで、控える事にしました。
皆さんの健康と安全と、社会と、私のこれからを考えて、
今出来ることは?とグルグル考えて。
花の仕入れが出来る限りは、移動の完全な制限がかかるまでは、
花をご希望の皆さんにお届けするように、頑張ります。
下の写真は芍薬の花。今年の母の日のアレンジのサンプルを生ける時に選びました。
残りを生けて楽しんでいます。
Instagramのストーリーでコマ撮りポイントをアップしてますが、
こちらもまたアップします。良かったら見てくださいね。
なんとか動画やリモートレッスンとか、、、と今思案しています。
母の日の準備もしています。あわせてまた、お知らせします!


芍薬と紫陽花は大好きな初夏の花です
ちょっと早いけど、、、告知用に仕入れたので生けました


毎日変わる状況の中、私に出来ること、するべきこと、最良の判断を。
心にしっかりおいて、頑張ります。
ココロに花を。暮らしに花を。それは変わりなく!!

2020年3月23日月曜日

暦とともに#240 春分

3連休は暖かく、穏やかな春分の日でした。
新型ウィルスが世界中に拡大して、先行きが不安な毎日ではありますが、
連休前にうちの前の緑道の桜も開花して、お天気も良くてのんびりしていると、
いつもと同じ春がそこにあって、ちょっと不思議な気持ちになりました。
緑道の桜は、どの季節をとっても季節の美しさを教えてくれますが、
咲くとね、やっぱりね、それはそれは幸福感がいっぱいで、格別です。
なんでしょうね〜〜、日本人!!って感じですかね?笑


咲いて来たよ!満開は月末あたり?


桜が咲くと、春が来たよ!と気持ちも春に切り替わるような気がしますね。
ちらりと咲いて来た頃に、花あわせのレッスンもいたしました。
月初の予定でしたが、色々考えて時期をずらして、頭を整理して、
ちゃんとやる事をやってお迎えすることに。
皆さん、喜んで生けてくださって、本当に嬉しかったです。


シックで暖かな色の春の花をご用意しました


生徒さんの生けた花です
2つだけですが、ちょっとご紹介


私は、仕事の写真を撮るために買った山吹をドーンと生けました。
家の中に花があると本当に幸せ。生けてる時も本当に幸せ。


実家の庭にあった山吹、大好きは花の木です

色々あるけど、花を生けて行く。生けて行けますように!
出来る事、やるべき事を考えて。
慌てずに、焦らずに、みんなで頑張りましょう。