自分の写真
暮らしのそばにある花鳥風月を楽しむ毎日。めぐる季節、出会った自然、草花や木々を暦とともに紹介します。

2017年7月25日火曜日

暦とともに#186 大暑

いやいや本当に暑い日が続いています。
文字どおり、一年でいちばん暑さの厳しい頃「大暑」です。
今年は空梅雨というより梅雨がついになくなった?!とさえ思う東京でしたし、
ずいぶん長く暑い日が続いて、早々にばて気味です・・・ね。

そんな暑い暑い7月の3週目に野山の花の会:文月を開きました。
花は持たない時期ですが、山の花はとても涼やかです。
私も一緒に生けて楽しみました。
ちょうどその前のお休みに、
「手仕事と工芸をめぐる 大人の沖縄」の著者で、友人の小澤典代さんの
トークイベントに出かけて、いろいろなお話を聞いたのもあり、
沖縄の器に生けることにしました。


琉球ガラスのグラスを大小2個


琉球ガラスは全て再生ガラスだそうです。
敗戦の焼け野原の資源が何もないところから、
米軍のビールやコーラなどの空き瓶を拾って作ったガラス器は、
まさに沖縄の再生のひとつなんだと感じました。



ワラビのかごには、おばあの笑顔のように可憐に


数年前に訪れた今帰仁村のおばあが編んだワラビのかご。
その手を握らせていただいた時の、特別な感情は今も忘れていません。
ずっと作り続けてきたその手は、ゴツゴツでしわしわで、
でも暖かくて力強くて、ふくよかな美しい手でした。
その頃90歳をすぎていたおばあ。私なんかヒヨッコもヒヨッコだなぁと、
いつかこんな手の人になりたいと思ったのでした。
どちらも夏の野山の花が映えて、涼しげな夏景色の佇まいになりました。


そして、先週末は横浜の三渓園に打ち合わせに行ってきました。
去年の花展「秋うらら」の”うらら会”メンバーとまた来春、花展をいたします!!
今度は「春うらら」。また待春軒さんにお世話になりますよ。
で、ずっと見たかった蓮池を見れました。
少し曇りがちで弱い風が吹いている中、朝開いた蓮がまだ咲いていて、
ゆらりゆらりと花も葉も揺れて、なんとも幻想的な風景でした。






そして、藤棚の下には投句箱!!
このところ置き忘れている「俳句スイッチ」笑。
ちょっと頑張らないとな〜〜〜。
「蓮池や〜〜〜〜」「藤棚や〜〜〜」と口ずさんでみたものの・・・・
あと続かず。とほほでした。
ま、細く長くとにかく続ける、そんなことをチラチラと考えながら
待春軒さんに向かったのでした。

8月は花あわせレッスン、野山の花の会ともにお休みになります。
大暑の次はなんと!立秋!
とはいえ、まだまだ暑い日が続きそうです。
みなさんご自愛ください。そして、夏を楽しんでお過ごしくださいね。

2017年7月10日月曜日

暦とともに#185 小暑

暑い暑い大暑のころのような小暑です。
東京は梅雨はどうなってるの?というくらいのお天気で、
すでに若干バテ気味の7月の始めです。
そんな中、川越うつわノートさんで開催の
「目片千恵 ガラス展 水彩色の恋心」で、花を生けさせていただきました。
目片さんの女性らしい優しいガラス器に水彩色の恋心というタイトル、
うつわノートさんからは「女性らしい花」「器を引き立てる花」
「やってみたいなと思う花」をとのことで、
どんな花を生けようかと色々楽しく考えました。


玄関に花器のフォルムにあわせクラシックに
白い紫陽花と刈萱

エントランスにはオブジェのように
白緑の西洋紫陽花ととつづら藤

部屋の中にふわりと柔らかく
ベルテッセンと斑入りの枝

床の間には静かな空間を感じるように
ベルテッセン、ムベ、小判草など色々

洋間の壁にシンプルにホタルブクロ

同じく洋間に山紫陽花
茎の緑が透けて花器の緑とあわさって

金魚鉢に水の雫のように
グリーンネックレス、山いちご、カラスの柄杓など

青みがかったガラスに露のように瑞々しく
ブルーベリーとシモツケ、グリーンネックレス

和室にカゴ状の器に篭花をイメージして溢れるように
クマヤナギと西洋カマツカ

和室に緑で橙の実を引き立てた和花を
ハマナスの実と山紫陽花

ファルムの美しい器にクラシックに洋花を
西洋紫陽花と西洋カマツカ

縁側には借景と溶け込むように
ヤマゴボウ、夏咲き秋明菊、ビルベリー他色々



どこかしら、なにかしら「きゅん」となるような、そんな恋心を生けようと。
器を引き立て、器に引き立てられ、その場所に佇むような花を生けようと。
「楽しんで生けてください」との松本さんのお言葉を素直に頂戴して
花を生ける幸せな時間をいただいてきました。

緑、白、少しの青と薄桃色に実ものと、色を抑えて涼やかに、夏景色。
暑いのであまり長くは持たないのも覚悟して、
生き物のその時々の美しさを感じていただければ幸いです。
そして、「きゅん」と恋心芽生えて(笑)
この器に花を生けたい!と手にとっていただけますように。


九州では、大変な日が続いています。
穏やかな日常が一時も早く戻ってきますように。
今日もありがとうございます。



2017年6月25日日曜日

暦とともに#184 夏至

夏のてっぺん、夏至も過ぎました。
冬至から地球半周をして夏至まで、なんて考えると結構な旅路です。
でも毎日、毎日、日々が過ぎるのは思っているよりも早くて
地球半周なんて、想像したりすることもないのですが。
夏至は一年で昼が一番長い日になります。
梅雨の真っ盛りのころなので、あまり実感ができる時が少ないのですが、
今年はいい天気が続いたので、夏至の日は陽が長いのを実感できました。

6月は久々に作る仕事がお休みだったので、納期に迫られるのがなく
日長なのも重なって、夜の時間が長いように感じました。
映画を観たり、本を読んだり、居眠りしたり・笑。
こんな時間も貧乏性なので、長く続くと焦ってきますが、
若い時よりは少し落ち着くことも出来るようになったかな。

特にニュースなこともない6月でしたので、
夏至の頃に生けた花をご紹介します。



愛知の山の花から、山荷葉=サンカヨウという植物
雨粒を受けた傘みたいで梅雨らしいなぁ〜と

こちらはお誕生日のギフトに生けました
西洋紫陽花ならアレンジも水落ちせず生けれます

野山の花の会に届いた草花に
家の山紫陽花(白)を切ってあわせてみました

こちらも野山の花の会に愛知から届いた花
私も生徒さんと一緒に生けました


紫陽花や笹百合、季節の旬の花はやっぱり素敵です。
百合は普段生けることが少ない花ですが、この時期にしか生けれない
笹百合や乙女百合、姫百合などは上品で、可憐で好きな百合。
紫陽花は和洋を問わず好きですが、山紫陽花はなかでも大好き。
いろいろな景色を思い浮かべて生ける時が何よりも幸せです。


梅雨空が戻った今日は、俳句教室でお世話になっている
みなとみらいのBUKATSUDOの文化祭でした。
針葉樹を使った夏のリースのワークショップをやらせていただきました。
みなさんそれぞれ素敵なフレッシュリースができましたよ。
雨の中ご参加いただきありがとうございました。
湿度も上がってきましたが、爽やかな香りに癒されてください!!



グリーンに青、白などを少しあわせて夏らしく仕上げます


夏至の翌日からは少しずつ陽が短くなって、秋へ向かっていくんですね。
まだ真夏もこれからなので不思議ではありますが、
残り半周の旅路へ出発!!







2017年6月11日日曜日

暦とともに#183 芒種

稲や麦、穂状の植物の種を蒔く時期、芒種です。
やってくる雨の季節が恵になるんですね。
梅の実も青から黄色に色づいてきて、梅のお酒やシロップや、梅干しなど
自家製のものを作る人には忙しい時季になります。

今年は少し早いのかな?関東でも入梅しました。
あちこちで紫陽花が綺麗に色づいてきています。
私が数年前に緑道に(勝手に!)植えた2株の紫陽花、
毎年6月のレッスンに切って皆さんにお分けできるくらいになっていましたが、
緑道清掃の造園業者さんが昨年末に強剪定をしたので、今年は花芽が出ず終い。
来年は咲きますように!!
花のこよみの6月水無月の写真は、その株の花「おたふく紫陽花」。
今年はこれで我慢で、市場で仕入れた紫陽花を生けました。


緑多めに少し鬱蒼と梅雨らしく生けてみた

おたふく紫陽花は萼がプリッとかわいい
来年は咲きますように!


以前に天然生活で掲載された記事が、単行本になって再掲載されました。
「朝の時間割 おかわり」という本です。
ある1日の時間経過を追って、生活スタイルをご紹介いただいた記事ですが、
ある1日なので、かなりおおよそでもあります。
ほぼ毎日やることをピックアップしているわけですが、それはそうとしても、
毎日、こんなではないのが現実でもあります(すいません!)。






以前っていつだったのか?と見てみたら、4年前のことでした。
こうやって自分の4年前を見るのは案外感慨深いものでもありますね。
色んなことがありました。いろいろ変わったこともあります。
そりゃそうですよね。
でも変わらないことは、この家で花を生けていられることでした。
なんとありがたいことでしょう!!感謝です。


2頭いた犬も1頭になり、その子ももうすぐ15歳すっかり老犬になりました



変わらず好きな蔓のもの。
雨の雫か、涙なのか・・・・
4年前を振り返る、本が届いた6月、
雨の季節はちょっぴりセンチメンタルにもなりますね。
そんな気持ちも大切に、雨は恵、つかの間の晴れ間の喜びもひとしおに。
さて、さて、ぼちぼち行きましょう!!笑

2017年5月21日日曜日

暦とともに#182 立夏から小満

緑、満ち満ちて、小満を迎えました。
万物の成長する気が天地に満ち始める季節が小満です。
立夏の頃は仕事が重なり、一個飛びになりましたが、
あれよあれよという間に、うちのリビングの大窓からの景色は、
さわさわと揺れる桜の葉の緑になりました。
北向きの窓なので、この季節の光の具合がちょうど良く、とても気持ちいい。

そんな五月も今年2回目の野山の花の会を開きました。
できるだけ私も一緒に生けよう思っていて、花を多めに送っていただいています。
四月からひと月、愛知からやってきた花は、季節の移り変わりを感じる花で、
生けるとよりいっそう、皐月晴れに似合う新緑美しい涼やかな景色に。


フタマタイチゲという白い花
初めて生けました

ミツバシモツケと白糸草
こちらも初めて

初めてこの花器に生けてみた
うーん、難しい

花を整理しつつ再挑戦!ちょっと特徴掴めたかも!!
茎のクロスの位置が下に行かないように気をつけよう

しちなりカゴに大きく生けて

こちらも生けなおしてみた
テッセンを後ろ姿で活かすと、自然な景色に
オッケー〜〜〜!


お任せして花を送っていただくので、一回でイメージ通りに行かないこともあります。
そんな時はどこかモゾモゾとして落ち着かないのですが、
ゆっくり整理して、より思い描く景色に生けなおしてみます。
最初のほうが良かったなぁという時もありますが(笑)、
同じようには生けれないのが花生けの楽しいところと、
一回一回、生ける時の一期一会を大切に生けています。

夏日の続いた週末に、爽やかな5月の風のように緑溢れる花を
皆さんにお届けいたしました!!



2017年4月27日木曜日

暦とともに#181 穀雨

穀物に実りをもたらす雨が降る頃、穀雨です。
雨が多いということではないですが、春雨が長く降れば菜種梅雨。
朝夕にちょっぴり肌寒さも残る晩春の頃ですね。

そんな4月の後半、5ヶ月ぶりに今年の「野山の花の会」をスタートしました。
愛知から山採りの花草木を送っていただいて、自由に生けていただく会です。
一昨年の秋に一回目を開き、10回目を迎えました。
さあ、どんな植物が届くかな?私もワクワクの野山の花の会です。
生けれる時は一緒に生けるので、ライブで生けた花を見ていただいています。


テイカカズラとツキヌキニンドウをワイヤーかごに

アケビのかごに晩春の花野を

薄いブック型の花器に緑眩く清らかに


何種類もの草花や枝、つる物が送られてきました。
幾つかに分けて、色々な器を選んで花生けを楽みました。
1本1本、動きやクセをよく見て、個性が生きるように、
伸びやかに、たおやかに生ける時、
自分自身も心身ともに自由になれるような幸せな時間です。
ずっと花を生けて行こう!!そんなことをかみしめるひとときでした。

よかったら、一緒に生けてみませんか?
野山の花。




2017年4月11日火曜日

暦とともに#180 清明

何もかもがきらきらと輝くころ、清明。
足踏みしていた東京の桜もようやく満開を迎えるころに、
清らかで明るい「清明」を迎えました。
そんな中、今回はまずお詫びを皆さんに。

ホームページ、SNS、インスタグラムなどで書かせていただきましたが、
ここで改めてのお詫びです。
昨年秋に自主販売しました「花のこよみ」2017年カレンダーの中に
2箇所間違った記載がありました。
4月17日(月)平日が、桃色表記になっております。
6月30日が2回表記になっております。
以上、皆様に大変ご迷惑をおかけしましたことを心からお詫び申し上げます。
4月(間に合いませんが)、6月の訂正したものを作成して、
出来る限り差し替えていただけるようにいたします。
私の部屋各店舗さま、谷中松野屋さま、駒込honobonoさま、
鎌倉日用美さま、下北沢B&Bさまの店舗にて、お買い上げくださった方には
4月末から各お店にてお渡しできるように準備いたします。
私のほうからお買い上げいただいた方には、発送させていただきます。
どうぞよろしくお願いします。


清明のころの満開の桜


大好きなタイツリソウ



新しいスタートの季節に、
何事も、初心を忘れず、丁寧に、しっかり。
そんなことをもう一度考える4月の最初でした。
これからもよろしくお願いします。




2017年3月26日日曜日

暦とともに#179 春分

二至二分のひとつ春分は、二十四節気のなかでも馴染みのある節気で、
季節の変わり目を実感させてくれる節気です。
「春ですよ〜!!」とようやく待ちわびた季節がやってくる感じに
あふれていますが、じつは春のど真ん中で「たけなわ」の頃なんですね。
でも、また「暑さ寒さも彼岸まで」と言う言葉もあるくらいで、
ここから春!が実感としてはほんとのところでしょうか。

春は桜を始め、たくさんの花が咲く季節ですから、
メディアなどでも花の特集などが多く見られる季節でもあります。
そんな春に、私もちょぴっと紙媒体、web媒体で花を生けさせていただきました。
順番に出来上がってきてますのでご紹介。


Panasonic暮らしの情報誌「Otonari」春号はTake freeの冊子です

ヘーベルハウスの会報誌「HEBELIAN」春号からは新連載が始まりました!

どちらも書店に並ぶ雑誌ではないのですが、 どこかで見かけたらぜひご覧ください!
そして、「北欧、暮らしの道具店」さまのwebで花の特集を
担当させていただきました。31日(金)から(予定)は5週連載になります。
またこちらもアップされましたら、お知らせさせていただきますね!

そして、仕事は夏に向かっております。
仕事は季節を先取りで進行するので・・・部屋に生ける花は春らしく。
やっぱり季節の旬を楽しみながら暮らすのが大事ですね。


ドライにしたチューリップとラナンキュラスはきれいな紫が残りました
シュールな装いも漂います

夏のリースに向けてのリースベースを丸めています
生木のときに丸めないと折れてしまうのでちょっと気ぜわしい


それから、関係ないことなんですが、ちょっとでも知ってくれる人が増えたらな
と言うことで、普段は基本あまり個人的な話はしないのですが・・・
東京都福祉保健局が作っている「ヘルプマーク」のことを少し。
これは、東京都福祉保健局が障害者対策のひとつとして
「外見から分からなくても援助や配慮を必要としている方々が、周囲の方に配慮を必要としていることを知らせることで、援助を得やすくなるよう、作成したマークです。」
なんです。こちらからサイトをご覧ください。
赤に白のお洒落なマークなので、カバンなどに下げていると「アクセサリー」に
取れるくらいのものなのですが、実は「ヘルプマーク」。
都営地下鉄などでは少しずつステッカーも貼られ出したようですが、
あまりにも認識が普及していないように思われます。


こんなにお洒落に作られたのには拍手!なんですが・・・


先天性股関節変形症という持病があるのですが、
昨年秋ころから少し調子が芳しくなくて、これは仕方ないと思い
マークを付けて公共の交通機関を利用するようにしているのですが、
あまり付けている意味が実感できないのが正直なところです。
席を変わって欲しいとかそういうのではなくて、
優先席に座ってることを理解して欲しい、エレベーターに乗ることも、
ゆっくりしか歩けないこともちょっとわかってもらえたら、
肩身の狭い気持ちが和らぐ、そんな感じなんです。
私はこのマークが素敵なデザインであることは素晴らしいと思っていて、
このままでもっと広域に普及していき、認識が上がって行くといいなと
思っているので、紹介させていただきました。
マークを見たら、あ、あのマークだと、気付いていただければ嬉しいです。
私も調子がいいときは、かなり自分本位で行動している自分がいるのも
身を持って感じており、反省もしかりです。
東京はたくさんの人が忙しく動いている町ですが、
マークがどうのという以前に、少し優しい気持ちを持って
みんなが生活していける町でありたいですね。




2017年3月13日月曜日

暦とともに#178 啓蟄

啓は開くの意。 蟄は虫などが土中に隠れ閉じこもるの意。
すなわち啓蟄は、冬ごもりの虫が這い出ること。
春雨が降り陽光も春めいて、土も柔らかくなると、生き物は目を覚まし、
ムズムズといてもたってもいられなくなってくるころなのでしょうね。

そんな3月の前半、取材撮影がありました。
「北欧暮らしの道具店」というwebサイトの読み物特集です。
初歩的な水揚げや一輪挿しのヒントから、枝生けことなどを
5話連載でアップしていただきます。また詳細はおしらせします。
いつものことながら撮影の後は、残った花を整理しながら飾ります。


椿はワラビのかごに

チューリップは私にしてはちょっとフェミニンに

棚にはいっぱい並んで楽しい

彼岸桜と豆と貝母ゆり

このほか、キッチンにダイニングにサニタリーと、あちこち春の花が。
芽吹きの頃の花は本当に可愛くて心くすぐられます。
もそもそ、そわそわ、
啓蟄のころは人も春の気配を感じ、身も体も動き出す季節ですね。

おまけは、
最近観た映画の紹介。
ヨーヨーマはただいま公開中のドキュメンタリー。
音楽、文化の素晴らしさを感じる作品でした。
テイク ディス ワルツは映像の美しいラヴストーリー。
映画はやっぱりいいなあ。






彼岸を迎えたら、桜の季節もすぐそこですね。
では、また!!


2017年2月27日月曜日

暦とともに#177 雨水

空から降るものが雪から雨に変わる。
氷が溶けて水になる。雨水を迎えました。
どことなく寒さの中にも春を感じる2月の終わりです。
春への期待が大きくなる頃ですね。

秋から年末はあまり出かける時間を作れないので、
年が開けてからの1、2月は、あれやこれやと出かけては、
なんやかやと忙しくなってしまうのが例年です。
今年もやっぱりそんな2月。
先だっての週末は、一度行きたかった「水戸芸術館」へ。
石川直樹さんの展覧会「この星の光の地図を写す」を観に行ってきました。
1990年代の初期作品から現在まで、見応えのある展示内容でした。


水戸芸術館のシンボルモニュメント
青空に映えてました

この写真が好き
自然と人の息づかいが感じられるから

なんともない日々の一瞬!!


夕暮れ間近の偕楽園にも寄ってきました。
広々とした空間ですが、梅の香りが一面に漂っていて、幸せな気分になりました。
やっぱりいいなぁ、花の木。


暮れなずむ中の梅もオツでした

橋の欄干が可愛かった
名前も可愛い「花追橋」


いつもと違う景色や、だれかの表現するものや、いろいろインプットして
また家に帰って花を生ける。そんなことを繰り返しています。


大好きな貝母ゆりを生けました

もうすぐやってくる早春の景色を思い描きながら、生けました。
さあ、あと一息ですね。